作業員

電気料金を比較して抑える|電力自由化のススメ

家のエネルギーを電気に

ソーラーパネル

オール電化のシステムは、調理や空調、給湯などを全て電気で行なうというものです。また、太陽光発電を利用すると、パネルなどで電気の使用状況を見れるので節電にもつながります。

電気ブレーカーとは何か

電気工事

電気ブレーカーとは、電力会社と電力使用者の間であらかじめ契約で決められているアンペア値を超えて電流が流れた場合に、自動的に電気の供給を止める装置のことである。地デジアンテナ工事や電気ブレーカーの取り付けは業者に任せよう。

太陽エネルギーを活用

住宅

電気給湯システムはお湯をためておくタンクが家族の人数によって変わってきます。4人家族であれば、ほとんどの場合370のタンクで対応可能です。
オール電化の導入費用少なくとも電気給湯器と電磁調理器を取り付けることになりますが、最近では導入費用も安くなり、工事費を含めて100万円に満たないケースが多くなっています。それでも、初期費用額は他の給湯システムやガスレンジに比べると割高になっています。しかし、オール電化にすることでガス代は必要無くなりますし、冬場に使う暖房器具の灯油代も必要なくなるのです。そして、料金が安い深夜電力を使ってお湯を沸かしますから電気料金も安くなるのです。
太陽光発電との併用太陽光パネルを使った太陽光発電システムを組み合わせることで、さらに電気料金がかからなくなります。そして、太陽光発電システムで発電した電力を溜めることが可能です。ですから、新築で家を建てる場合、初めからオール電化を考えているのであれば、太陽光発電システムも一緒に導入すると効率的です。また、地域によって異なりますが、太陽光発電システムを導入することで補助金が出る場合もあるのです。

電気料金を少しでも安く抑える方法に、電力会社の比較があります。今は電力自由化が実施されており、電力会社を自由に選ぶことが出来るようになっているのです。そのため、家庭に合った電力会社を選択することで電気料金を抑えることが出来るでしょう。比較する方法としてインターネットサイトがあり、様々な電力会社の中から適したところを見つけると良いです。

有機ゴミの再利用

バイオガス

バイオガス発電はメリットが多く世界中で研究、そして実行されています。特にヨーロッパではバイオガス発電を使って色々なことをしています。地球に優しいバイオガス発電で、エコな未来も遠くありません。