作業者

電気料金を比較して抑える|電力自由化のススメ

  1. ホーム
  2. 電気ブレーカーとは何か

電気ブレーカーとは何か

電気工事

一般の家庭の場合は、玄関や廊下などに置かれる分電盤の中に設置されていることが多い。電気ブレーカーは電力会社と各電力使用者の間の契約アンペア値の違いによって、それぞれ異なるアンペア容量のものが用意され、設置後は使用者側による勝手な除去等の細工を防止するために封印がなされる。電気ブレーカーが落ちるという話は良く聞く話である。電気ブレーカーが落ちるのには、いくつかの原因が考えられ、それらの原因を見つけるにはまずアンペアブレーカー、漏電遮断器、配線用遮断器といったもののうち、どのブレーカーが落ちるのかを考える必要がある。アンペアブレーカーが落ちた場合は、同時に使う家電製品を減らすことで問題を解決することができるが、頻繁にブレーカーが落ちるようであれば契約アンペア数を上げる必要がある。漏電遮断器に問題があった場合は、自分で原因となっている回路を見つけるのも手だが、不安であれば早目に電気工事店や電気管理技術者に連絡することをおすすめする。配線用遮断器の場合は、違う回路のコンセントに機器を振り分けて使うようにすると問題が解決されると一般的には言われているが、もし分からないことがあったり、問題がなかなか解決しなかったりするようであれば電気工事店等への連絡をし、よく見てもらうほうが好ましい。
電気ブレーカーとは電力会社と需要家の間で契約された値以上の電流が使用されたときに電気の供給を遮断する装置である。
電気ブレーカーによって電力会社は効率よく、販売料を超えた電力を使用されないよう需要家に制限をかけることができている。
頻繁にブレーカーが落ちてしまう場合は使用電力が契約電流と比べて大きいことが原因として挙げられるので、使用している電化製品を少なくするか、電気容量変更を行えば改善されるであろう。地デジアンテナ工事を行う際もその専門家に依頼するといい。地デジアンテナ工事を行うことにより見やすいテレビとなるだろう。